宮城県での任意売却の流れ

不動産ローンの支払いに不安を感じている人、競売は避けたいと考えている人は、早めに宮城県の任意売却専門の不動産屋へ問い合わせを入れます。

◇Check!→住宅ローン、あなたの考えは甘い!生活を脅かすリスクを直視せよ!|ザイ・オンライン

任意売却を行うことで決心したら、媒介契約を結び、任意売却のための手続きをスタートすることになります。

不動産物件に関しては、最初に宮城県の市場価格の査定を行います。

価格が出たら債権者に価格を提示し同意を得ていきます。

不動産屋が間に入ることで債権者と売主との調整をしていくのが任意売却です。

調整においては、現在までの不動産ローンの返済がどの程度進んでいるか、債権者側の傾向などを知らなければ進行することができません。

実際の任意売却は、一般的な不動産売買と同様です。

購入者を案内し売却へとつなげていくのですが、売買代金に関しては配分を定め、債権者との調節を行います。

物件を買いたいという人が決まれば、債権者に対しては抵当権の解除を行うように話し合いをするのですが、この時点で競売申し立てが行われているケースは、差し押さえを取り下げるように交渉を行います。

この話し合いは時間がかかることもありますが、不動産コンサルタントの腕の見せ所でもあります。

実績がある会社はこうした交渉にも強く、経験も長いものです。

最終的に任意売却の承諾が下りたところで売買契約が行われるということになります。

売買代金の中から、かかったコストが差し引かれるため、抵当権抹消のコストや管理費の滞納などがあればそれもカバーされます。

場合によっては引越費用が出ることもあります。

不動産屋さんへの手数料も支払われます。

Comments are disabled